PICC-Liteの裏技(かなりグレー)

どっかのサイトでちらっと見たのだが、PICC-Liteで指定以外のPICを使用する方法が紹介されていた。
簡単に言えば、libディレクトリの中身をdemo版と取り替えてファイル名を変えるだけなのだが・・・・。
実際やってみると・・・結果的にはビルドに失敗した。というか失敗することがあるみたいだ。
んでもって、どんなときに失敗するのか調べてみたのだが、割り込み関数を使うとリンクに失敗することから
割り込みを使うとこの手は使えない可能性があると言うことだ。割り込み用のライブラリ結合がうまくいかないらしい。
とはいえライセンス的にはかなりクロなので、これ以上深入りしようとはおもわなかったのだが、12f683とかf88とか使って見たい人は
試してみるのは悪くないんじゃない?ただし、demoライセンス有効期間内に自己責任ということでよろしく。
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。