PIC F1シリーズでmTouch(その後)

PICのF1シリーズのPIC16F1827でmTouchを試しているのだが、一応動くものができたので公開する。

結局タイマ0を使わないとお話にならなかったのでタイマ0を使っている。いろいろなことを考えるとタイマ1だけを使う方がいいかもしれないので、時間があればタイマ1板も作ってみたいと思う。さらに今回のプログラムではタイマ0割り込みを使っているが、使わなくても使い物にはなる。

何が一番面倒かは基準となる無負荷時の値を取ることと、常にそれを更新すること。環境が変わってもちゃんと動き続けるようにするためには、アナログ的な要素がいろいろ必要となってくるみたいだ。特に、センサ用の線はあまり延ばせない。下手すればその線自体がセンサになる。閾値を決めるのも難しい。下手するとセットの向きを変えるだけでONになったりする。マイクロチップがいろいろと資料を公開しているらしいので、その辺のところを確認する必要がありそうだ(まだ見てなかったんかいw?なんてつっこまないでw)。

今回は写真じゃ動きがわからないので初めての動画アップ!WindowsではSkyDriveを使えとうんたらかんたら言ってくるのでアップしてみた。そのURLはこれらしい。

https://skydrive.live.com/redir.aspx?cid=8365a47b77197384&page=play&resid=8365A47B77197384!173

埋め込みもできるらしいが、いろいろがんばったがWordPressではできなさそうなので、結局できるYouTubeにアップし直した。


プログラム自体はソースが汚いので整理したあとで。。。w

  1. 2011年 8月 4日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。