PIC16F193xのVCAP

今までPICのF1シリーズについていろいろ実験してきたのだが、使ってきたのは8~20ピンのものだけだったんだけど、今日なにげに秋月から手に入れたPIC16F1938を自分のライブラリでサポートするようにしようとデータシートを眺めていたら、ちょっと引っかかるものを発見した。

PORTAの一部の端子がVCAPに割り当てられている!!

ということはPORTAはRA0かRA5かRA6にコンデンサを接続しないといけないということか??

さらにデータシートを読んでみると、CPUのコアは3.6V以下で、I/Oは5V動作可能なのでLDOレギュレータが内蔵されていて安定動作のためにコンデンサがいるということらしい。

「らしい」と書いたのには訳があって原文では以下のように書かれている。

“Although not required, an external low-ESR capacitor may be connected to the VCAP pin for additional regulator stability.” PIC16f193xのデータシートDS41364D p.107より抜粋

え?コンデンサって必須じゃないの?なんか書き方がえらく消極的なんでいらないのかなって思ってしまう。しかし、トラブルが起こったらこれを疑う必要がありそうだな。

ちなみに8-20ピンのF1シリーズにはこの端子はない。安心!

とりあえず気になったから備忘録としてw

  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。