iMac with FusionDriveでBootcampと共有データ領域を確保する方法

職場ではiMacを使っているのだが、2012年末に発売されたこの機種にはFusionDriveというSSDとHDDを組み合わせて使うドライブが搭載されている。この機構はディスクアクセスの多いデータをSSDへ、それ以外をHDDに振り分けるらしいのだが、実際はMacOSX上でソフトウエア管理されている。よってBootcampのWindowsでは恩恵が得られない。まぁそれはよしとして、自分が使用しているパソコンはすべてMacなのだが、Bootcampを使用してMacとWinと両方使えるようにしてある。となるとデータをどちらかに置くとアクセスが面倒なので、共用のデータ領域を内蔵HDDに確保するようにしている。しかし、このiMacはFusionDriveのおかげでかなり面倒なことになったので、備忘録として情報を残しておくことにした。実はこのマシン、5月に導入したのだが、その時もかなり苦労してBootcampを確保している。もちろん、MacとWinと1個ずつのパーティションでやっていくなら全然問題なく、OS付属のユーティリティでほいほいで終了w。

今回、なぜ問題が露呈したかというとMavericksにバージョンアップする際に発生した。

「このディスクはコンピュータの起動ディスクとして使用できません 」

バージョンアップできないじゃん!

以下は、バージョンアップ前のパーティション状態

/dev/disk0
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:      GUID_partition_scheme                        *121.3 GB   disk0
   1:                        EFI                         209.7 MB   disk0s1
   2:          Apple_CoreStorage                         121.0 GB   disk0s2
   3:                 Apple_Boot Boot OS X               134.2 MB   disk0s3
/dev/disk1
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:      GUID_partition_scheme                        *1.0 TB     disk1
   1:                        EFI                         209.7 MB   disk1s1
   2:          Apple_CoreStorage                         208.0 GB   disk1s2
   3:       Microsoft Basic Data WIN                     220.0 GB   disk1s3
   4:       Microsoft Basic Data USER                    571.9 GB   disk1s4
/dev/disk2
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:                  Apple_HFS Macintosh HD           *320.4 GB   disk2

で、今回インストールに成功したパーティションマップは以下の通り

/dev/disk0
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:      GUID_partition_scheme                        *121.3 GB   disk0
   1:                        EFI EFI                     209.7 MB   disk0s1
   2:          Apple_CoreStorage                         121.0 GB   disk0s2
   3:                 Apple_Boot Boot OS X               134.2 MB   disk0s3
/dev/disk1
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:      GUID_partition_scheme                        *1.0 TB     disk1
   1:                        EFI EFI                     209.7 MB   disk1s1
   2:          Apple_CoreStorage                         207.5 GB   disk1s2
   3:                 Apple_Boot Boot OS X               650.0 MB   disk1s3
   4:       Microsoft Basic Data BOOTCAMP                220.0 GB   disk1s4
   5:       Microsoft Basic Data USER                    571.9 GB   disk1s5
/dev/disk2
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:                  Apple_HFS Macintosh HD           *322.9 GB   disk2

間違い探しのようであるが、どこが違うかというとdisk1s3にBoot用のパーティションがあるという点。

これがないとどうやらインストールさせてもらえないと言うことがわかった。しかし、一旦この領域を消してしまうとCoreStorageの作り直しになるので、TimeMachineでバックアップして、CoreStorageを消去、作り直し、OSのインストール、TimeMachineからのデータ引き上げという手順を踏まないといけなかった。

しかも、このままでは共用データパーティションであるUSERがdisk1s5になってしまい、Winから見えなくなってしまう。

$ diskutil eraseVolume free free disk1s3

これでとりあえず、disk1s3を解放できる。

/dev/disk1
 #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
 0:      GUID_partition_scheme                        *1.0 TB     disk1
 1:                        EFI EFI                     209.7 MB   disk1s1
 2:          Apple_CoreStorage                         207.5 GB   disk1s2
 3:       Microsoft Basic Data BOOTCAMP                220.0 GB   disk1s4
 4:       Microsoft Basic Data USER                    571.9 GB   disk1s5

解放したすぐはdisk1s5は残っているが、再起動すれば番号が詰められて

/dev/disk1
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:      GUID_partition_scheme                        *1.0 TB     disk1
   1:                        EFI EFI                     209.7 MB   disk1s1
   2:          Apple_CoreStorage                         207.5 GB   disk1s2
   3:       Microsoft Basic Data BOOTCAMP                220.0 GB   disk1s3
   4:       Microsoft Basic Data USER                    571.9 GB   disk1s4

となり、Winからもアクセスできるようになった。

ただし、このままでは次のMacOSのバージョンアップ時には問題となる可能性が高いので、パーティションの入れ替えがほいほいできる人でないとお勧めしない。そういう理由で具体的なコマンドについてはここでは触れていない。また、この解放した領域が何に使われているのかわからないので、この状態でも問題が出るかもしれないので自己責任と言うことで。

(追記:2014/10/27)

OSをYosemiteにバージョンアップしたときの覚え書き

そのままではアップデートできない(インストールさせてもらえない)ので、以下の手順が必要

1.タイムマシンでフルバックアップをとっておく(Windowsやデータの領域もとっておいた方が安心)
2.Yosemite起動USBを作る
3.そのUSBで起動する
4.ユーティリティでMacOSのパーティションを消去5.その領域にインストール
6.インストール終了時にデータをタイムマシンから戻すか聞かれるので戻す

以上。Win領域もデータ領域も傷つけずにアップデート完了!

  1. 2015年 10月 29日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。