iMacをEl Capitanにアップでパーティション切り直し

毎年のMacOSXのバージョンアップのたびに問題になるのがBootcampとデータ領域の3パーティション構成に起因するバージョンアップができないこと。2年前も結構往生してパーティションを切り分けたのだが、去年はお茶を濁して簡単アップ(下の追記参照)したが、今後簡単アップをしないで済むようにと懲りもせず今年はパーティション大改訂を試みたので、その備忘録としてとっておく。大体、Windowsが4パーティションより先の領域を認識しないのが問題なのだが、いつからかMacOSXは復旧パーティションみたいなものを勝手につくるようになってBootcamp領域またはデータ領域をパーティション5以上に追い出してしまい、Windowsが起動できなくなったり、データ領域へのアクセスができなくなったりしていた。

簡単アップでは、この勝手につくる復旧パーティションみたいなものを消して4パーティションに収めていたのだけども、この復旧パーティションみたいなものをパーティション5以降に作れればいいのではないかという感触は得ていた。そこで、今回はHDDの頭にBootcampを作って、データ、MacOSの順にパーティションを作ってみた。

もちろん、Fusion Driveもちゃんと動かないと意味がないので、できあがったパーティションは以下の通り、

/dev/disk0 (internal, physical):
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:      GUID_partition_scheme                        *121.3 GB   disk0
   1:                        EFI EFI                     209.7 MB   disk0s1
   2:          Apple_CoreStorage mac                     120.0 GB   disk0s2
   3:                 Apple_Boot Boot OS X               134.2 MB   disk0s3
/dev/disk1 (internal, physical):
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:      GUID_partition_scheme                        *1.0 TB     disk1
   1:                        EFI EFI                     209.7 MB   disk1s1
   2:       Microsoft Basic Data BOOTCAMP                251.3 GB   disk1s2
   3:       Microsoft Basic Data data                    497.9 GB   disk1s3
   4:          Apple_CoreStorage mac                     249.9 GB   disk1s4
   5:                 Apple_Boot Recovery HD             650.0 MB   disk1s5
/dev/disk2 (internal, virtual):
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:                  Apple_HFS MacHD                  +364.1 GB   disk2
                                 Logical Volume on disk0s2, disk1s4
                                 F2A2ECEB-8CAC-41EC-9499-6D85D062E140
                                 Unencrypted Fusion Drive

細かい設定方法はずぶの素人が真似されるとディスクを破壊しかねないので紹介しないが、エキスパートな人なら次の手順だけで理解可能と思う。

・Mac領域をタイムマシンでバックアップ
・Win領域をWinCloneなどのアプリでバックアップ
・データ領域を外部HDへコピー
・すべての領域を開放(diskutil)
・disk1を切り分け(ディスクユーティリティで楽々)
・CoreStrageを作成(diskutil cs …)
・El CapitanをUSBからインストール
・タイムマシンから復元
・Win領域の復元(WinCloneで、でも最後にパーティション編集でエラーが出る)

ここで、Winが起動するか確認するも起動せず、かなり苦労した。まず、一番のハマりどころは、El CapitanのSIPによってブート領域の編集ができないこと。これをいろいろ検索した結果disableにできることがわかったので、早速やってみて、WinCloneで再度復元するも、やはり起動せず。というか、起動できるフラグが立っていないw

急遽、gdiskをインストしてhybrid MBRで構築しなおす。パーティション2にはブートフラグをつける。

・gdiskでrecovery and transformation optionsでmake hybrid MBRでパーティション2にブートフラグを立てる

Disk size is 1953525168 sectors (931.5 GiB)
MBR disk identifier: 0x00000000
MBR partitions:

Number  Boot  Start Sector   End Sector   Status      Code
   1                     1       409639   primary     0xEE
   2      *         409640    491190447   primary     0x07
   3             491452592   1463886391   primary     0x07
   4            1464148536   1952255591   primary     0xAC

ざっとこんな感じ。
これで起動できるかと思いきや、今度はブートメニューにはBootcampが現れるものの、Systemが無いなどとふざけたことを言ってくる。Windowsの回復ドライブでいろいろやってみるが全部ダメ。これはブート領域が死んでるなと思い、いろいろ調べ、回復ドライブのbootrecでfixmbrやfixboot、diskpartまでやってみてもダメ。これらが効果があったのかなかったのかは不明だが、最終的には次のものが効果があって、やっと起動!めでたしめでたし!

・bcdeditでブートマネージャーやブートローダーの設定のunknownになっているところを修正

以上。今後はMacOSXの復旧パーティションみたいなのがあるからOSのアップデートもスイスイいけばいいなw

あ、まだSIPをenableに戻してなかった。。。。w

(2016/10/21追記)

MacOS Sierraにアップデートしてみたが、今のところ何の問題もなくアップデートできている。Windowsも10にアップデートしているが、これも今のところ問題なく動いている。今後のアップデートがこのままスイスイいけばいいなw

  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。