Nutubeゲット&変換基板作成&Bsch3vの部品作成

知る人ぞ知る新しい真空管のNutubeであるが、お高いのでとりあえず1個だけゲットした。いろいろなものを作りたいので、とりあえずブレッドボード用に変換基板をつくってみた。

img_8237

何せピッチが2mmと中途半端なので、秋月の2mm×2.54mmの穴あき基板を使って、とりあえずブレッドボードで実験ができるよう、2.54mm側の幅を調節した。

裏から見るとこんな感じ。

img_8236

この基板、写真の向きで横が2mmピッチで縦が2.54mmピッチであるが、2mmの方も5つ穴で10mmとなり、5つ穴毎に2.54mmピッチにもはまる。これを利用してピンヘッダをつけるが、ブレッドボードで実験できるようにするためにはこの間隔でないと使えないので、どこでもかしこでもピンヘッダをつけられるわけでないので、自分で作る人は要注意。

img_8235

諸々の事情から両面基板じゃないと配線が難しい。

img_8238

ブレッドボードでは、こうやって刺して使う。使い物になるかならないかは、これから次第!

いい音するかなぁ?ちなみにHi-Fiオーディオ用としては全く考えていません。あくまでも楽器用!!

bsch3vnutube

ついでにBsch3vの部品も作ったので必要な人はお好きにどうぞ!

nutube.lb3(ダウンロードしたあとで拡張子をlb3に変更してください)

  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。