カテゴリー : Windows内蔵MIDI音源

Windows 7のMIDI音源(BASSMIDI Driverを使う)


先日のTimidity++を使ったMIDI音源は設定がいろいろ面倒だったので、フリーのサウンドフォントを探しがてらいろいろ情報を集めているとBASSMIDI Driver(2012/2/4リンク切れを更新 2012/4/9さらにリンク切れを更新2014/4/17さらにさらにリンク切れを更新)というソフト音源ドライバーを見つけた。 続きを読む

広告

Windows7のMIDI音源(timidity++を使う)


デジタル音楽というコンピュータ音楽を制作する講義をやっているのだが、昨年度から学内のPCがWindows7になってWindows内蔵のソフトウエアMIDI音源であるMSGSが使いにくくなってきた。というのも、普通にやっている分にはいいのだが、音数が増えてくると発音しないことが増えてくる。学期の最後の授業では発表会をやっているのだが、作り込みをしている学生ほど音が鳴らないという悲惨な状態に・・・。
ということで、ダメダメなMSGSに見切りをつけて他のフリーな音源を探してたどり着いたのがtimidity++という超有名なやつ(あとで気がついたのだがBASSMIDI Driverというソフトの方が簡単だと思われる)。どうやら最近は開発が止まっているみたいで、
ここからTiMidity-CVS081206_setup_JPN.exeをとってきて普通にインストールする。インストールオプションでいろいろあるが、とりあえず音素ファイルだけはインストールしておかないといけない。ドライバーはMIDI音源として使うことができるのはいいのだが、肝心のdominoからの使用に相性問題があるので使わない。 続きを読む